RSS

鹿島、ベトナムで不動産開発

2016年9月25日(日) 21時43分(タイ時間)
リバーサイドタワー・コマーシャルセンターの画像
リバーサイドタワー・コマーシャルセンター
写真提供、鹿島建設
Peter Ryder氏(Indochina capital社CEO)と握手を交わす押味社長の画像
Peter Ryder氏(Indochina capital社CEO)と握手を交わす押味社長
写真提供、鹿島建設
【ベトナム】鹿島建設は23日、ベトナムの不動産ディベロッパー、インドチャイナ・キャピタルとベトナムに合弁会社を設立し、ベトナムでホテル、サービスアパート、住宅、オフィスなどの開発に乗り出すと発表した。

 新会社は「インドチャイナ・カジマ・ディベロップメント」で、10月設立の予定。

 鹿島はまた、ベトナム中部ダナン市のオフィスビル「リバーサイドタワー・コマーシャルセンター」をインドチャイナ・キャピタルから取得したと発表した。2008年開業で、13階建て、貸床面積1万872平方メートル。10フロアがオフィス、3フロアが商業施設となっている。
《newsclip》

注目ニュース

三菱商事、ベトナムでマンション開発newsclip

【ベトナム】三菱商事はシンガポールの不動産ディベロッパー、セムコープ・ディベロップメントと共同で、ベトナムで分譲住宅開発に乗り出す。

【ベトナム】東京急行電鉄は19日、ベトナム南部ビンズオン省で路線バスの運行を開始する。

【ベトナム】サンケイビル(東京都千代田区)は29日、グループ会社のサンケイビルマネジメント(東京都千代田区)がベトナムに合弁会社を設立し、不動産管理コンサルティング事業を開始したと発表した。

特集



新着PR情報