RSS

ウエストホールディング、タイで省エネ機器設置サービス

2016年9月26日(月) 17時56分(タイ時間)
【タイ】ウエストホールディングス(広島市)は23日、省エネ機器の設置サービスを手がける合弁会社をタイに設立したと発表した。2018年度までに累計100億円の受注を目指す。

 新会社は「ウエスト・インターナショナル(タイランド)」。資本金3000万円で、ウエストホールディングスが49%、三菱東京UFJ銀行グループのタイの投資会社が10%、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行のタイの投資会社が各8%出資した。株主である邦銀の現地法人の紹介を受け、タイの日本企業、現地企業に対し、省エネ機器や太陽光発電システムの設置を提案する。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】日立製作所は19日、マレーシアのサンウェイPFM社と、エネルギーマネジメント分野での協業に関する覚書を締結したと発表した。

【タイ】独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの受託事業としてJFEエンジニアリングがバンコク都内のタイ発電公社(EGAT)本部に設置した「水和物スラリー蓄熱空調システム」...

【タイ】独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの受託事業として中国電力がバンコク都内のホテル「アマリウォーターゲート」に導入した省エネ設備の設置が完了し、16日、竣工式が行...

特集



新着PR情報