RSS

特殊浴場勤務のミャンマー人女性、タイ東部で絞殺遺体発見

2016年9月29日(木) 00時28分(タイ時間)
【タイ】タイ東部チャチュンサオ県バンパコン郡のバンナー・トラート通りで26日朝、半裸の女性の絞殺死体がみつかった事件で、地元警察は27日、遺体がチョンブリ県の特殊浴場で働いていたミャンマー人女性のものであることを突き止めたと発表した。

 タイで働くミャンマー人の弟(18)によって身元が確認されたという。女性の靴が現場周辺でみつかっていないことから、他の場所で殺害されて遺棄されたとみられる。

 25日夜に仕事を終えた女性が客とおぼしき男と店を出てゆくところが監視カメラに映っており、警察はこの男が事件に関与しているとみて、重要参考人に指定して取り調べを行う方針。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、14日朝、バンコク都クロンサムワー区の学校の校舎で、学校の清掃員の女性(44)とその夫(49)が血を流して倒れ死亡しているのを警備員が見つけ、警察に通報した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、4日未明、バンコク都内スクムビット・ソイ4通り(ソイ・ナナ)のホテルの2階の屋根の上でタイ人男性(25)が死亡しているのがみつかった。警察が死因を調べている。

【タイ】タイのテレビ報道によると、5月30日午前0時ごろ、タイ東部パタヤ市の海岸で、30―50歳の中東系とみられる男性が死亡しているのがみつかった。警察が死因と身元を調べている。

【タイ】マレーシア国境に近いタイ南部の山中で、人身売買の被害者とみられる30人以上の遺体がみつかり、タイ当局が捜査に乗り出した。

特集



新着PR情報