RSS

トクヤマ、マレーシア子会社売却 太陽電池向け多結晶シリコンで巨額損失

2016年9月29日(木) 16時27分(タイ時間)
【マレーシア】トクヤマは28日、マレーシアの連結子会社で太陽電池向け多結晶シリコンを製造するトクヤママレーシアを韓国の化学メーカー、OCIに9800万ドルで売却すると発表した。

 トクヤママレーシアは2009年設立。マレーシアのサラワク州サマラジュ工業団地に工場を設け、太陽電池向け多結晶シリコンを生産してきたが、生産設備の技術的問題や太陽電池向け多結晶シリコン市況の大幅な悪化で巨額の損失を出した。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】トクヤマは10月31日、マレーシアのサラワク州サマラジュ工業団地に建設した太陽電池向け多結晶シリコンの第2工場(年産能力1万3800トン)が生産販売を開始したと発表した。

特集



新着PR情報