RSS

エーザイ、タイで過活動膀胱治療剤発売

2016年10月5日(水) 19時52分(タイ時間)
【タイ】キョーリン製薬ホールディングス(東京都千代田区)とエーザイは4日、エーザイのタイ販売子会社エーザイ(タイランド)マーケティングが過活動膀胱治療剤「ウリトス錠」(一般名、イミダフェナシン)をタイで販売すると発表した。

 「ウリトス」はキョーリン製薬ホールディングスの子会社である杏林製薬が創製したもので、過活動膀胱の尿意切迫感、頻尿、切迫性尿失禁を改善する。主な副作用は口内乾燥や便秘。2009年にエーザイが中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)、インド、スリランカでの独占開発権と販売権を取得した。今回の発売はエーザイが権利を保有する地域での初の上市となる。

 過活動膀胱は尿意切迫感を必須症状とし、通常は頻尿と夜間頻尿をともない、場合によっては必須症状とされない切迫性尿失禁もともなう症状症候群。トイレの不安のために外出を控え、夜間の睡眠が十分取れないなど、様々な悪影響が問題となっている。一般的には加齢にともない患者数が増加すると言われるが、脳卒中、パーキンソン病などの脳や脊髄の病気、前立腺肥大症が原因となって起こることも報告されてる。日本の過活動膀胱診療ガイドラインでは、日本での過活動膀胱症状の有症状率は5―20%とされる。アジアでの有病者実数は不明だが、18歳以上の男性の約30%、女性の約35%が何らかの過活動膀胱の症状を経験しているとの報告もある。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】大正製薬ホールディングスは5日、医薬品の製造販売などを手がけるベトナム企業ズクホウザン・ファーマシューティカル(DHG)の株式24・5%を取得し、資本業務提携契約を結んだと発表した。

【タイ】アース製薬(東京都千代田区)は6日、タイの全額出資子会社で殺虫剤などを製造販売するアースケミカル(タイランド)が1億バーツの増資を行い、資本金を2億7000万バーツに増額すると発表した。

【シンガポール】田辺三菱製薬(大阪市)は4日、今年1月に設立したシンガポール子会社MTファーマ・シンガポールが新製品開発(臨床開発、新製品導入)などの業務を開始したと発表した。

【シンガポール、マレーシア】アステラス製薬(東京都中央区)は1日、シンガポールに東南アジア・南アジア地域の統括組織を、マレーシアに販売会社を設立し、事業を開始したと発表した。

【カンボジア】アース製薬(東京都千代田区)は9日、タイ子会社で殺虫剤などを製造販売するアースケミカル(タイランド)がカンボジアに全額出資子会社「アースケミカル(カンボジア)」(資本金10万ドル)を...

【タイ】アース製薬(東京都千代田区)は9日、タイ子会社で殺虫剤などを製造販売するアースケミカル(タイランド)がバンコク北郊のパトゥムタニ県ナワナコン工業団地の既存工場に隣接する土地3万2600平方...

【シンガポール】参天製薬(大阪市)は12日、アジアで頻発する眼科疾患の治療薬の開発に向け、シンガポールの国立研究機関であるシンガポール眼科研究所(SERI)と共同研究を行うと発表した。

特集



新着PR情報