RSS

アポプラスステーション、タイに子会社

2016年10月9日(日) 21時52分(タイ時間)
【タイ】製薬会社の営業・マーケティングを受託するアポプラスステーション(東京都中央区)は7日、医薬品などの承認申請、輸出入、販売、マーケティングの受託を手がける子会社をタイに設立したと発表した。

 新会社は「アポプラスステーション(タイランド)」。資本金1000万バーツでアポプラスステーションがほぼ全額出資した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】キョーリン製薬ホールディングス(東京都千代田区)とエーザイは4日、エーザイのタイ販売子会社エーザイ(タイランド)マーケティングが過活動膀胱治療剤「ウリトス錠」(一般名、イミダフェナシン)を...

【ベトナム】大正製薬ホールディングスは5日、医薬品の製造販売などを手がけるベトナム企業ズクホウザン・ファーマシューティカル(DHG)の株式24・5%を取得し、資本業務提携契約を結んだと発表した。

【シンガポール】田辺三菱製薬(大阪市)は4日、今年1月に設立したシンガポール子会社MTファーマ・シンガポールが新製品開発(臨床開発、新製品導入)などの業務を開始したと発表した。

【シンガポール、マレーシア】アステラス製薬(東京都中央区)は1日、シンガポールに東南アジア・南アジア地域の統括組織を、マレーシアに販売会社を設立し、事業を開始したと発表した。



新着PR情報