RSS

東洋エンジなど ヤンゴンで無収水対策工事

2016年10月12日(水) 00時56分(タイ時間)
【ミャンマー】東洋エンジニアリングは11日、東京都水道局の監理団体である東京水道サービスと設立したジャパンコンソーシアム合同会社がミャンマー・ヤンゴン市の無収水対策事業の契約をヤンゴン市の調達代理人である日本国際協力システムと締結したと発表した。

 合同会社は2014年10月―2015年3月、日本政府の無償資金協力でヤンゴン市マヤンゴン地区で実施したパイロット事業で、無収水率(漏水、盗水など料金収入に結びつかない水量の割合)を約77%から約32%まで半減させるとともに、24時間連続給水を実現した。

 今回の事業も日本の政府開発援助(ODA)案件で、パイロット事業の成果を生かし、マヤンゴン地区のより広い地域で無収水対策工事を実施する。配水、漏水の状況を調査した上で、水道管の取り替え、修繕、水道メーターの取り替え、設置などを行う。事業費は約18億円。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】アズビル(東京都千代田区)は27日、ベトナム法人のアズビルベトナムがベトナムのフエ省水道公社と販売店契約を結んだと発表した。

【ベトナム】岸田外相は6日、訪問先のベトナムで、円借款1件と無償資金協力2件に関する書簡をグエン・チー・ズン計画投資相と交換した。

【カンボジア】三井住友建設(東京都中央区)は8日、水ing(東京都港区)との共同事業体がカンボジア南部カンポット市の上水道拡張整備工事をカンボジア政府から受注したと発表した。

【ラオス】日本政府はビエンチャン南部のチナイモ浄水場の拡張、取水場、送配水関連設備の整備、配水センターの改修・拡張などに102・7億円の円借款を供与する。

【タイ】東レは1日、東南アジア最大となるバンコクの膜ろ過水道浄水設備向けに、中空糸限外ろ過(UF)膜を受注したと発表した。

特集



新着PR情報