RSS

タクシン派団体会長、保釈取り消しで収監

2016年10月12日(水) 23時02分(タイ時間)
【タイ】タイ刑事裁判所は11日、テロ容疑に問われているタクシン元首相派団体、反独裁民主戦線(UDD)のジャトゥポン会長(元下院議員)について、保釈条件に違反したとして、保釈を取り消し、同氏を収監した。

 ジャトゥポン氏はUDDがバンコク都心部を占拠し治安部隊に強制排除された2010年の事件で、他のUDD幹部、メンバーらとともに、テロ容疑に問われている。今回、ジャトゥポン氏と他の幹部4人がテレビ番組での軍事政権を批判する発言で保釈取り消しの対象となったが、ジャトゥポン氏以外の4人は取り消しを免れた。

 2010年の事件では、UDDのデモ隊と治安部隊の衝突で、デモ参加者、兵士ら91人が死亡、1400人以上が負傷し、銃撃戦や放火でバンコク都内が大混乱に陥った。
《newsclip》

注目ニュース

反タクシン派指導者のソンティ氏 証取法違反で禁錮20年、収監newsclip

【タイ】経営破たんした新聞大手マネジャー・メディア・グループ(MGR)の創業者ソンティ・リムトーンクン氏(68)とMGRの元取締役2人が証券取引法違反に問われた裁判で、タイ最高裁判所は6日、控訴裁...

【タイ】2006年4月の議会下院選でタクシン元首相派政党の選挙違反を意図的に見逃したとして、当時の選挙委員会のワサナー委員長(67)とパリンヤー委員(68)が選挙法違反などに問われた裁判で、タイ最...

【タイ】債務不履行状態の不動産会社に100億バーツを超える不正融資を行ったとして、タイ国営クルンタイ銀行(KTB)の元経営幹部らが汚職などの罪に問われた裁判で、タイ最高裁判所は26日、被告19人に...

タクシン派幹部に実刑・収監、タイ憲法裁長官批判でnewsclip

【タイ】タクシン元首相派の政党、プアタイ党のプロームポン報道官とキアットウドム前下院議員がワサン元タイ憲法裁判所長官に対する名誉棄損を問われた裁判で、タイ最高裁判所は24日、被告2人に禁錮1年の実...



新着PR情報