RSS

川崎汽船、アジア発ベトナム北部向け完成車輸送サービス増強

2016年10月16日(日) 17時44分(タイ時間)
ハイフォン港 Tan Vu自動車ターミナルの画像
ハイフォン港 Tan Vu自動車ターミナル
写真提供、川崎汽船
投入船 “JASA BAKTI”の画像
投入船 “JASA BAKTI”
写真提供、川崎汽船
【東南アジア】川崎汽船は16日から、ベトナム北部向けの完成車輸送サービスを増強する。

 ベトナム北部の寄港地をカイラン港からハイフォン港へ変更する。これにより、港から首都ハノイまで60キロ以上近くなるほか、十分なヤードスペースを持ち、将来の荷量の増加にも対応が可能となる。サービス開始に合わせ、新たに開業した自動車専用ターミナルを利用。優先着岸権を持つため、より安全で確実なサービスが提供できるとしている。

 また、配船頻度を従来の月間1便から2便に増便する。

 寄港地はジャカルタ、シンガポール、ポートケラン、レムチャバン、ホーチミン、ハイフォン。日本を含む他の仕出港からはシンガポールまたはレムチャバンでこのサービスに接続し、ベトナム向けに輸送する。
《newsclip》

注目ニュース

川崎汽船、倒産の可能性のあるメール配信に「事実無根で法的措置も検討」newsclip

川崎汽船は、ある非船舶運航事業(NVOCC)企業が、川崎汽船に倒産の可能性があるかのようなメールを顧客に発信した事実が確認された、と発表した。

【中国、東南アジア】川崎汽船(9107/東証)は7日、新たな中国~海峡地サービスを今月27日から開始すると発表した。

川崎汽船のタイ法人、設立50年で式典newsclip

【タイ】川崎汽船のタイのグループ会社Kライン・タイランドは1日、バンコク都内のホテルで設立50周年記念式典を開催し、タイのアピシット元首相、佐藤重和駐タイ大使ら約700人が出席した。



新着PR情報