RSS

国王死去で服喪 タイ観光庁が状況説明・注意

2016年10月17日(月) 16時14分(タイ時間)
【タイ】タイ観光庁(TAT)は14日、外国人旅行者に対し、13日のプミポン国王の死去にともなうタイ国内の状況を説明し、以下の点に注意するよう呼びかけた。

 注意点は▼多くのタイ国民は弔意を表すため、黒または白の衣服を着用している。強制ではないが、外出時には暗めの色の礼節をもった衣服を着用することを勧める▼不謹慎な言動は控える▼観光アトラクションは平常通りだが、国葬の執り行われるワット・プラケーオ(エメラルド寺院)と王宮は入場観光ができない▼政府はバーやナイトクラブなどの娯楽施設に対し、営業の自制について協力を求めている▼多くの伝統文化行事は予定通り行われるが、祝い事は相応しい内容に変更される可能性がある▼全ての交通機関、銀行、病院、その他の公共サービスは平常通り利用できる▼タイ全土で警戒態勢を強化している――。
《newsclip》

特集



新着PR情報