RSS

バンコクのパブ、発砲騒ぎで2人死亡

2016年10月20日(木) 19時59分(タイ時間)
【タイ】バンコク・パヤタイ地区のインタマラ通りで13日午前4時ごろ、若者グループ同士の抗争があり、2人が拳銃で撃たれて死亡、1人が重傷を負った。カオソットの電子版が報じた。

 死亡したのはアディサックさん(20)とタナワットさん(26)。18歳の少年が左腕に被弾して重傷を負った。
両グループはラチャダピセーク通りのパブで遊んでいた際ににらみ合い、閉店後に近くの路上で言い争いをして一旦撤退したが、「けりをつけよう」と再度インタマラ通りで合流し、発砲騒ぎに発展したという。
警察によると、拳銃を発砲したのは加害者グループ側の27歳の男で、近く逮捕して取り調べを行う。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、23日午前2時ごろ、タイ南部サムイ島ボプット地区のパブ「キャンプビア」で発砲事件があり、警官、店員ら男性7人が死傷した。

無許可営業で閉店命令 タイ西部のパブ2軒newsclip

【タイ】タイ当局は25日夜、兵士を動員し、西部カンジャナブリ市でパブ2軒の手入れを行い、無許可で営業していたとして、即時閉店を命じた。手入れにはカンジャナブリ県知事が同行。地元の警察は外して行われた。

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ東部チャチュンサオ市内のパブで12日午前2時ごろ、地元警察の情報提供者が射殺される事件があった。

【タイ】28日未明、バンコク都内ソイ・エカマイ7通りのパブ「ファンキービラ」で火事があり、平屋の建物がほぼ全焼した。死者、けが人はなかった。

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ当局は6日夜、バンコク都内の風俗街ソイナナのクラブ「Gターミナル・ラウンジ・クラブ」を捜索し、店内にいた20―41歳のミャンマー人の女5人、男4人を不法就労容疑...

バンコクで違法営業のパブ摘発、110人から麻薬陽性反応newsclip

【タイ】タイ軍事政権がバンコク都内で賭場、パブの取り締まりを強化している。賭場やパブは手入れを避けるため、警察に賄賂を払っているケースがあるとされ、今回の取り締まりは所轄の警察署を外す形で行われた。

特集



新着PR情報