RSS

MG、英国生産を終了へ…中国へ移管

2016年10月21日(金) 06時10分(タイ時間)
MG GSの画像
MG GS
(参考画像)
MG GSの画像
MG GS
(参考画像)
MG GSの画像
MG GS
(参考画像)
英国の名門自動車メーカー、MG。同社が英国バーミンガムのロングブリッジ工場での生産を終了し、中国へ生産部門を移管する計画を発表した。

MGは現在、中国大手の上海汽車(SAIC)の傘下にあるが、もともとは英国のローバーグループに属していた。BMWは2000年、ローバーブランドを売却。BMWから同ブランドをわずか10ポンド(当時の日本円で約1660円)で獲得したのは英国の投資家集団、フェニックスコンソーシアムで、同年、MGローバーとして再出発を切った。

しかし、MGローバー車は基本設計の古さに起因する商品力不足が否めず、販売は低迷。05年には上海汽車との業務提携交渉が決裂し、MGローバーは事実上、破綻した。同年、南京汽車がMGローバーの経営権を取得。MGローバーとの提携に失敗した上海汽車は、ローバー『75』の商標権と製造ラインを買い取り、中国で06年から『栄威750』として生産と販売を開始した。

ところが07年12月、上海汽車が南京汽車を買収。結局、MGローバーブランドは、上海汽車の一部門になった。

今回MGは、英国バーミンガムのロングブリッジ工場での生産を終了し、中国へ生産部門を移管する計画を発表。これにより、親会社の上海汽車の本拠地の中国で、新たな生産体制を構築することになる。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報