RSS

コマツ、アジア開発センターをインドネシアに新設

2016年10月25日(火) 15時35分(タイ時間)
コマツは、インドネシアの建設機械製造拠点であるコマツインドネシア(KI)敷地内にアジア開発センター(ADC)を設立した。

KIが手がけてきたインドネシア市場向け仕様車・オプション品・アタッチメントの企画開発の機能を、アジアにまで対象を拡大した上でADCに移管する。

コマツは1モデルでグローバルに導入・展開が可能な商品開発を基本方針としているが、国・地域で異なるニーズに基づく仕様車などの開発にもきめ細かく対応するため、特に戦略市場向け商品企画を強化している。

ADCは、インドネシア、タイ、フィリピンなど、東南アジアを中心としたアジア諸国を対象に、現場の近くで機動的に課題や要望を把握した上で、現地特有の気候条件、使用環境、作業方法などに適応する仕様車・オプション品・アタッチメントを、現地の人材が主体となって迅速に開発し市場導入する。
《レスポンス編集部@レスポンス》


新着PR情報