RSS

日系企業新製品 MCFrame SIGNAL CHAIN

2016年10月25日(火) 22時01分(タイ時間)
メディア向けプレスブリーフィングで説明する東洋エンジニアリングタイランドの太田雅孝氏の画像
メディア向けプレスブリーフィングで説明する東洋エンジニアリングタイランドの太田雅孝氏
パトライト(タイランド)の山田裕稔氏の画像
パトライト(タイランド)の山田裕稔氏
MCFrame SIGNAL CHAINの管理画面の画像
MCFrame SIGNAL CHAINの管理画面
MCFrame SIGNAL CHAINの構築イメージの画像
MCFrame SIGNAL CHAINの構築イメージ
信号灯の動作情報をワイヤレスで転送 効果を確認しながら段階的に進める「簡単IoT」

 具体的な計画もなく「IoTを活用せよ」と指示ばかり飛んでくるなど、とかく名前が先走りする”Internet of Things”。プロジェクトによっては膨大なコストと長い年月を要し、すぐに着手・活用できるか否かも分からない。そもそもどのような技術なのか全体像がつかみにくいのが現状だ。そのようなIoTをまずは簡単に、小規模に始めてみようという提案が、設備管理ソリューション「MCFrame SIGNAL CHAIN」だ。情報通信システムの企画・開発・販売の「東洋ビジネスエンジニアリング」と、表示灯・信号灯・回転灯などで日本国内の市場トップシェアを誇る「パトライト」の共同事業だ。

 IoTというのはもともと、ドイツ政府が掲げた「Industry 4.0」を発祥とする。製造業の高度化を目指し、情報通信機能を専門機器のみならず産業機器など全てに搭載し、インターネットに接続したり相互交換したりなどして情報を収集して各々の機器の計測や制御を行い、業務全体を管理して高度に発展させるという試みだ。

 幅広い分野で活用できるであろうIoTだが、実際に取り組むとなると何から始めていいのか迷ってしまいがちだ。対象とする設備があったとしても、新旧多種多様なメーカー設備が混在しているとデータ自体の収集と統一が難しい。

 東洋ビジネスエンジニアリングとパトライトは今回、そのような取り組みにくさを克服し、簡単に始められるIoT活用の提案に至った。設備に設置された信号灯が取得する(その設備の)動作情報をワイヤレスで転送し、PC、スマホやタブレットといったモバイル端末でモニタリング、記録、分析するシステム「MCFrame SIGNAL CHAIN」だ。

 具体的には、信号灯の上部にワイヤレス情報転送機「WD送信機」を設置し、PCなどには「WD受信機」をつないで専用アプリケーションをインストールするだけ。ワイヤレスなので当然、配線工事など面倒な設置作業はない。「最初は3台のみに搭載」といった小規模な導入から始められる「簡単IoT」だ。簡単ながらも導入によって、

● 信号灯から設備稼働状況を自動取得。ガントチャートやアンドンで「工場の今」を見える化
● 補助信号・PLC情報も取り込んで統合管理。詳細な稼働状況を把握、停止理由などもPC画面から入力可
● 日/週/月のメッシュで直感的に表示。ダッシュボード上で工場のパフォーマンスを評価
● 信号灯から取得した設備状況をもとに、担当者にプッシュ型アラームで通知

といったモニタリング・記録・分析が可能だ。監視カメラや作業指示ボードなどの周辺システムとも連携させることができる。

 「知らせる信号灯」から「記録する信号灯」へ、設備の生産性・信頼性の向上によって利益を創出させるのが、MCFrame SIGNAL CHAINというIoT活用の試みだ。

 日本では6月、タイでは9月に発売。タイでもすでに日系メーカーに導入実績がある。導入元からは「本工場からはこれまで、分工場の生産状況が見えていなかった。作ってはいるようだが出荷が伴わない。今回のシステムの導入によって、問題が生産工程ではなく品質維持にあるのが分かった」というコメントが上がってきたという。

 東洋エンジニアリングのタイ現法である「東洋エンジニアリングタイランド」は1999年設立。生産管理・原価管理の「MCFrame」や海外拠点向けのコンパクトERP「A.S.I.A.」を中心に、IT企画、導入コンサルティングからシステム構築サービス、運用サービスなどを行っている。

 パトライトのタイ現法「パトライト(タイランド)」は今年8月設立。日本では表示灯・信号灯・回転灯市場で7―8割を占める業界最大手。日系メーカーはタイでもそのほとんどが製造設備に信号灯を設置、やはりその7―8割がパトライト製と見込まれている。そのような状況から、MCFrame SIGNAL CHAINはタイ進出日系メーカーにとって最も導入しやすいIoTと期待される。

問い合わせ先:
東洋ビジネスエンジニアリングタイ
TEL: 0-2661-9805, Email: sales@b-en-g.co.th (太田)
《newsclip》


新着PR情報