RSS

「まいどおおきに食堂」のフジオフードシステム、競争激化でタイ合弁清算

2016年10月26日(水) 20時05分(タイ時間)
【タイ】外食チェーンのフジオフードシステム(大阪市北区)は26日、タイの合弁会社MBKフード・システムを清算すると発表した。タイで「まいどおおきに食堂」などの自社ブランドを展開する計画だったが、現地で和食業態の競争が激化したことを受け、清算を決めた。

 MBKフード・システムは2013年10月設立。資本金1億909万バーツで、フジオフードシステムのシンガポール子会社が45%、タイでホテル、ショッピングセンターなどを所有運営するMBK傘下の精米会社パトゥム・ライス・ミル・アンド・グラナリー(PRG)が55%出資した。

 フジオフードシステムの現在のタイの店舗は「まいどおおきに食堂」とうどん店「つるまる」が各1店の計2店舗。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイの日本料理店・緑茶飲料大手オイシは年内で失効する大衆食堂「まいどおおきに食堂」のフランチャイズ契約を更新しない方針だ。2008年にフジオフードシステムとフランチャイズ契約を結び、現在、...

シンガポールのサラダ専門店、フジオフードが日本展開newsclip

【シンガポール】「まいどおおきに食堂」などの飲食店を展開するフジオフードシステム(大阪市北区)はシンガポールのサラダ専門店「サラダストップ!」を日本で展開する。17日、運営会社のサラダストップ(シ...

【シンガポール】大衆食堂「まいどおおきに食堂」などを展開するフジオフードシステム(大阪市北区)はシンガポールに進出する。9月中に飲食店経営、フランチャイズ運営を手がけるシンガポール子会社「FUJIO FO...

特集



新着PR情報