RSS

郵船ロジ、ミャンマー・ティラワ経済特区に物流施設

2016年10月27日(木) 12時07分(タイ時間)
10月18日に現地で行われた起工式の画像
10月18日に現地で行われた起工式
写真提供、郵船ロジスティクス
完成予想図の画像
完成予想図
写真提供、郵船ロジスティクス
【ミャンマー】郵船ロジスティクスはヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に多機能物流施設を建設し、2017年7月に稼働する。

 敷地面積約3万平方メートル、倉庫面積約6300平方メートル。冷蔵・冷凍エリアを設け、マイナス20度、プラス5度、プラス15―20度の定温、常温まで合わせて4温度帯の保管が可能。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】鴻池運輸は5日、ミャンマー子会社のコウノイケ・ミャンマーがヤンゴン郊外のティラワ経済特別区で倉庫の建設を開始したと発表した。2017年3月竣工の予定。

【ミャンマー】三井住友銀行は20日、ミャンマーのティラワ経済特別区に出張所を開設し、営業を開始したと発表した。

住商・上組、ミャンマー・ティラワ経済特区の物流倉庫稼働newsclip

【ミャンマー】上組(神戸市中央区)は13日、ミャンマーの合弁会社ティラワ・グローバル・ロジスティクスがヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した物流倉庫が完成し、3月21日に竣工記念式典を行ったと...

【ミャンマー】フジトランスコーポレーション(名古屋市港区)は18日、ミャンマーのティラワ経済特別区に倉庫、梱包、通関、陸上輸送などの事業を行う全額出資子会社フジトランス・ロジスティクス(ミャンマー...

特集



新着PR情報