RSS

三菱自 益子会長、ドゥテルテ大統領と面会…フィリピン貿易産業省と覚書調印

2016年10月27日(木) 12時07分(タイ時間)
三菱自動車本社の画像
三菱自動車本社
《撮影 宮崎壮人》
三菱自動車の益子修会長件社長は10月26日、来日中のドゥテルテ大統領と面会。フィリピン貿易産業省との間で、フィリピンでの現地生産の拡大を通して、今後も同国経済へ貢献していくことに関する覚書に調印した。

フィリピンにおける三菱自動車の生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション(MMPC)は、フィリピン政府の自動車産業育成政策「CARS Program」への参加承認を前アキノ大統領政権下の2016年6月に取得しているが、今回、引き続き政府の政策および同社の方針に変更がないことを確認するために、覚書の調印に至った。なお、CARS Programにおいて同社は、2017年1月より『ミラージュ』および『ミラージュG4(アトラージュ)』の生産を開始する予定だ。

覚書に調印した益子会長兼社長は、「MMPCがフィリピン政府のCARS Programへの参加承認を貿易産業省投資委員会より受けたことは、MMPCが50年以上にわたりフィリピンにおける自動車産業の発展に貢献したことが評価されたと考えている。引き続きMMPCが、フィリピン国内での雇用促進だけでなく、同国の経済発展に寄与するパートナーであり続けることを願っている」と述べた。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》


新着PR情報