RSS

タイ私立病院最大手BDMS、14億バーツでバンコクの病院買収

2016年10月30日(日) 17時07分(タイ時間)
【タイ】タイ私立病院最大手バンコク・ドゥシット・メディカル・サービス(BDMS)は26日、バンコク都ジャトゥジャク区で私立マヨ病院を運営するマヨ・ポリクリニックを買収すると発表した。

 BDMSがほぼ100%出資する子会社でパオロ・メモリアル病院グループを運営するパオロ・メディックが14億バーツで買収する。

 マヨ病院はベッド数162。2015年は売上高6億1110万バーツ、最終利益4130万バーツだった。

 BDMSはバンコク病院グループ、サミティヴェート病院グループ、パヤタイ病院グループ、BNH病院などを運営。2015年は売上高636・6億バーツ、最終利益79・2億バーツだった。

 今年9月にはバンコク都内ウィタユ通りのホテル「スイスホテル・ナイラートパーク」などが建つ土地約2・4ヘクタールと建物を所有者のタイ人一族から108億バーツで取得すると発表した。買収後、20億バーツを投じ、老化防止、認知症治療などを手がける総合医療センターとして再開発する計画だ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ私立病院最大手バンコク・ドゥシット・メディカル・サービス(BDMS)は28日、バンコク都内ウィタユ通りのホテル「スイスホテル・ナイラートパーク」などが建つ土地約2・4ヘクタールと建物を...

タイ株長者番付 プラサート氏3連覇、独走態勢にnewsclip

【タイ】タイの金融雑誌「マネー&バンキング」とタイ国立チュラロンコン大学のチームがタイの個人が所有するタイ証券取引所(SET)とSET2部市場(MAI)の上場株式の時価(2015年9月30日時点)...



新着PR情報