RSS

世銀のビジネス環境ランキング 日本34位、タイ46位

2016年10月30日(日) 17時08分(タイ時間)
【アジア】世界銀行グループが各国・地域のビジネスのしやすさを事業規制、制度などから評価した年次報告「ビジネス環境の現状」の2017年版で、タイは190カ国・地域中46位と、前年改定値と同じ順位だった。

 タイの項目別評価は「事業設立」78位、「建設許可」42位、「電力調達」37位、「不動産登記」68位、「資金調達」82位、「納税」109位――など。

 ランキング1位はニュージーランド、2位シンガポール、3位デンマーク、4位香港、5位韓国、6位ノルウェー、7位英国、8位米国、9位スウェーデン、10位マケドニア。

 アジア諸国・地域は11位台湾、23位マレーシア、34位日本、78位中国、82位ベトナム、91位インドネシア、99位フィリピン、130位インド、131位カンボジア、139位ラオス、170位ミャンマー――など。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】カード大手の米マスターカードが22日に発表した「世界渡航先ランキング」で、調査対象の132都市中、2016年に国外からの渡航者が最も多いと予想される都市はバンコクで、推定渡航者数2147...

【東南アジア】英教育情報誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションがまとめた2016―2017年の世界の大学ランキングで、上位980校に入ったタイの大学はマヒドン大学(501―600位)など9校だった。

【アジア】英金融大手HSBCが外国人駐在員に駐在先に対する評価を聞いた2016年版の調査で、シンガポールが調査対象の45カ国・地域中1位になった。

【アジア】キリンがまとめた2015年の世界のビール生産量は前年比1・1%減の約1億8864・2万キロリットル(東京ドーム約152杯分)で、2年連続で前年を下回った。

特集



新着PR情報