RSS

【HOSPEX 16】香港の企業、階段を昇降できる電動車いすを開発…欧州で話題に

2016年10月31日(月) 12時27分(タイ時間)
ビー・フリー・テクノロジー社が開発した階段を昇降できる電動車いす「ビー・フリー・レンジャー」の画像
ビー・フリー・テクノロジー社が開発した階段を昇降できる電動車いす「ビー・フリー・レンジャー」
《撮影 山田清志》
ビー・フリー・テクノロジー社が開発した階段を昇降できる電動車いす「ビー・フリー・レンジャー」の画像
ビー・フリー・テクノロジー社が開発した階段を昇降できる電動車いす「ビー・フリー・レンジャー」
《撮影 山田清志》
ビー・フリー・テクノロジー社が開発した階段を昇降できる電動車いす「ビー・フリー・レンジャー」の画像
ビー・フリー・テクノロジー社が開発した階段を昇降できる電動車いす「ビー・フリー・レンジャー」
《撮影 山田清志》
病院や福祉機器を一堂に集めた展示会「HOSPEX Japan 2016」で驚くような電動車いすを発見した。それは香港の企業、ビー・フリー・テクノロジー社が開発したもので、名前は「ビー・フリー・レンジャー」。なんと階段を昇ったり降りたりできるのだ。

「この電動車いすは、社長が階段があって8年間閉じこもっていた足の不自由な少年をなんとか外で遊んでもらいたいと思って開発したものなんです。斜度35度の階段まで大丈夫です。ただ、階段を昇る時は後ろ向きに進む必要があります」と同社関係者は説明する。

この電動車いすにはスタンダード、悪路、階段の3つのモードがあり、そのモードに合わせてキャタピラーの配置が変化するようになっている。そのため、普通の道でもスムーズに進むことができる。

車両重量は130kgで、バッテリーはリチウムイオン電池を使用し、フル充電で約20kmの走行が可能。時速は6km/h。価格は170~180万円。

現在販売しているのは香港だけだが、欧州で披露したら話題を呼び、ドイツ、スイス、オーストリアで販売の話が進んでいるという。日本でも今後販売していく方針で、日本市場に合ったものを開発中だ。
《山田清志@レスポンス》


新着PR情報