RSS

バンコク・シンセティクス、合成ゴム増産 122億バーツ投資

2016年11月3日(木) 21時50分(タイ時間)
【タイ】タイ投資委員会(BOI)によると、タイの化学メーカー、バンコク・シンセティクスはタイ東部ラヨン県マプタプット工業団地の工場を拡張し、合成ゴムの生産能力を年30万トン拡大する。ゴム手袋などの原料向けで、投資額は122・3億バーツ。

 バンコク・シンセティクスにはタイの大手複合企業サイアム・セメント・グループ(SCG)が49%、不動産、化学などの事業を手がけるタイのHKグループが40%出資している。
《newsclip》

注目ニュース

マレーシアの合成ゴム工場稼働 宇部興産とロッテ合弁newsclip

【マレーシア】宇部興産、ロッテグループなどのマレーシアの合弁会社ロッテウベシンセティックラバーがジョホール州タンジュンランサット工業団地に建設した合成ゴム(BR)工場が完成し、24日、現地で開所式...

【タイ】5日午後3時20分ごろ、タイ東部ラヨン県マプタプット工業団地にある合成ゴムメーカー、BSTエラストマーズ(BSTE)の工場で爆発が起き火災が発生し、11人が死亡、130人が重軽傷を負った。...

特集



新着PR情報