RSS

タイ国王の火葬用建物、バンコクの王宮前広場に

2016年11月6日(日) 22時01分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
【タイ】10月13日に死去したプミポン国王の火葬用の建物がバンコクの王宮前広場に建設される。敷地面積6・4ヘクタールで、近く着工し、来年2月に完成する予定。バンコク都庁が3日までに、建設予定地の整地作業を開始した。

 国王の火葬式は政府機関の1年の服喪期間が明けた後に行われる見通し。

 プミポン国王の棺は10月14日にバンコクのシリラート病院から王宮に移され、以来、多くの国民が弔問のため、王宮前広場を訪れている。10月29日からは、王宮内に安置された棺への弔問が始まり、初日だけで約3万人が訪れた。

 政府は地方からも続々と訪れる弔問者に対応するため、王宮前広場への無料のバスサービス、軽食や飲料水、黒リボンなどの配布などを実施。大手携帯電話キャリアは広場に車載基地局を設置して無料のワイファイサービスを提供している。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクの王宮前広場でタイ国王賛歌を歌う会、王族著名監督が映像化newsclip

【タイ】タイのテレビ報道によると、バンコクの王宮前広場で10月22日、プミポン国王を追悼するための大規模な「国王賛歌を歌う会」が開催される。

タイ携帯大手AIS、王宮前広場で無料ワイファイサービスnewsclip

【タイ】タイの携帯電話サービス最大手アドバンスト・インフォ・サービス(AIS)は、バンコクの王宮前広場に車載基地局を設置して無料のワイファイサービスを開始した。

【タイ】バンコク都庁(BMA)は15日、プミポン国王の死去に伴い地方から上京している弔問客に対し、王宮前広場(サナームルアン)での1泊のみの宿泊を許可すると発表した。

タイ国王死去 16日(日)の王宮前広場周辺newsclip

【タイ】プミポン国王死去の後はじめての日曜日となった16日の王宮周辺はかなりの雨が降ったが、夕方前には上がり、喪服としての黒の服を着た国民で混雑した。

タイ国王死去 15日(土)の王宮前広場周辺newsclip

【タイ】プミポン国王死去から2日経った15日、多くの国民が弔問のため王宮に集まった。

特集



新着PR情報