RSS

ANA、国際線旅客10.3%増…欧州テロ影響をアジアオセアニアでカバー 2016年4-9月期

2016年11月8日(火) 13時01分(タイ時間)
ANA(イメージ)の画像
ANA(イメージ)
全日本空輸(ANA)は、2016年度上期(4~9月)の輸送実績を発表した。

国際線の旅客人数は前年同期比10.3%増の447万9981人と好調だった。方面別では、ヨーロッパ方面がテロの影響で同2.7%減の38万2429人と前年割れとなったが、アジア、オセアニア方面が同12.2%増の307万2321人と好調だった。北米、ホノルル方面も同9.9%増の102万5231人と伸びた。国際線の利用率は75.7%となった。

国内線はの旅客人数は同0.4%減の1935万9748人と小幅減だった。東京=札幌線、東京=福岡線が低迷したほか、熊本地震の影響で東京=熊本線なども落ち込んだ。利用率は64.1%だった。

貨物・郵便輸送実績は、国際線の貨物が同18.8%増の39万1348トン、郵便が同15.0%減の1万2392トンだった。国内線の貨物が同3.6%減の23万2631トン、郵便が同7.5%減の1万4938トンだった。
《レスポンス編集部@レスポンス》


新着PR情報