RSS

富士通ゼネラル、タイのエアコン研究開発センター稼働

2016年11月9日(水) 19時23分(タイ時間)
センター外観の画像
センター外観
写真提供、富士通ゼネラル
センター内のショールームに展示した新製品の画像
センター内のショールームに展示した新製品
写真提供、富士通ゼネラル
【タイ】富士通ゼネラルは9日、タイのエアコン開発拠点であるフジツウゼネラルエンジニアリングの研究開発センターが完成し、11月から本格稼働を開始したと発表した。

 地上3階、延床面積1万平方メートル、投資額約20億円で、エアコンの開発施設としてはタイ最大規模。多様化、高度化する製品開発に対応するため、今後5年で現地エンジニアの倍増など体制強化を進め、フルモデルチェンジ設計の比率を拡大しつつ、開発機種数の倍増を目指す。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】ダイキン工業はハノイ近郊の第2タンロン工業団地に住宅用エアコン工場を建設し、2018年4月に生産を開始する。投資額は約100億円。

【タイ】富士通ゼネラルは19日、タイでのエアコンの販売拡大とアフターサービス体制の強化を目的として、2月にバンコク都内に営業拠点を新設し、4月からインバーター機種のラインアップを刷新して販売活動を...

【タイ】ダイキン工業は27日、タイで空調機の冷媒転換を支援する日本の経済産業省のプロジェクトに参画し、現地空調メーカー12社への技術支援を同日から開始すると発表した。

特集



新着PR情報