RSS

デルタ航空、プレミアム・エコノミークラスを導入 2017年後半に

2016年11月10日(木) 10時35分(タイ時間)
「デルタ・プレミアム」の画像
「デルタ・プレミアム」
《画像提供 デルタ航空》
「デルタ・プレミアム」の画像
「デルタ・プレミアム」
《画像提供 デルタ航空》
「デルタ・プレミアム」の画像
「デルタ・プレミアム」
《画像提供 デルタ航空》
「デルタ・プレミアム」の画像
「デルタ・プレミアム」
《画像提供 デルタ航空》
「デルタ・プレミアム」の画像
「デルタ・プレミアム」
《画像提供 デルタ航空》
「デルタ・プレミアム」の画像
「デルタ・プレミアム」
《画像提供 デルタ航空》
デルタ航空は、2017年後半に一部の長距離国際線に、プレミアム・エコノミークラスとなる新しい客室区分「デルタ・プレミアム」を導入すると発表した。

より広いスペース、ワンランク上のサービス、デザインと品質に定評のあるブランドと提携したアメニティキットによってプレミアム・エコノミークラス体験を提供する。

デルタ・プレミアムは、シートピッチ(座席間隔)が最大約96.5センチ、シート幅が約48.3センチ、リクライニングが最大約17.8cmとゆとりのある設計で、可動式のレッグレストとヘッドレストを完備する。ウェスティンホテルが開発したウェスティン・ヘブンリー・ブランケットと枕、ニューヨーク発のスキンケアブランド、マリン・アンド・ゴッツの製品が入ったTUMI製アメニティキットを提供する。

離陸前のドリンクサービスに続き、デルタ航空用に特別にデザインしたアレッシィの食器で、季節ごとに変わる食事メニューを提供する。機内エンターテインメントモニターとしてクラス最大級13.3インチの高解像度スクリーンを各座席に設置し、ノイズキャンセリング機能付きのヘッドフォンも提供する。

小型・大型電子機器用の電源と機器を置くスペースを各座席に設置する。優先チェックイン(一部空港)、優先セキュリティチェック、優先搭乗、預け入れ手荷物の優先取り扱いを含む「スカイ・プライオリティ」サービスも提供する。

デルタ・プレミアムは、まず2017年秋に導入予定のエアバス「350」型機材に設置。A350型機の座席数は、個室型ビジネスクラス「デルタ・ワン」スイートが32席、デルタ・プレミアムが48席、エコノミークラス「メインキャビン」が226席の、計306席となる。2018年にボーイング「777」型機への導入を開始し、その後他の機材への導入も検討する。
《レスポンス編集部@レスポンス》


新着PR情報