RSS

スズキ、インドに職業訓練校を設立…日本式ものづくりで人材育成

2016年11月14日(月) 15時31分(タイ時間)
スズキは、11月11日に日印両政府によって合意された「ものづくり技能移転推進プログラム」に協力し、インド製造業の人材育成支援を目的とした職業訓練校をグジャラート州に設立することを決定した。

職業訓練校は、日本式ものづくり学校(JIM:Japan-India Institute for Manufacturing)として設立。スズキが協力する職業訓練校はグジャラート州メーサナ地区に2017年8月の新学期からの開校を予定している。

同校では組立工、電気工、ディーゼルエンジン整備、自動車整備、自動車板金修理、自動車塗装修理、溶接の7コースを設定し、各コースで1年から2年間の訓練が行われ、2018年以降の卒業生は約300名を目指している。

設立、運営はスズキのインド子会社マルチ・スズキ・インディア社が行う。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》


新着PR情報