RSS

コメとキャッサバの商談会、バンコクで開幕

2016年11月15日(火) 02時16分(タイ時間)
【タイ】タイ産のコメとキャッサバ、加工食品の商談会が14日、バンコクのホテルで開幕した。17日までの日程で、タイ商務省が主催。コメとキャッサバの国内価格を下支えするため、外国企業に大量購入してもらうのが目的だ。

 買い手は41カ国から300社が、売り手はタイ企業112社が参加。商務省は630億バーツの契約成立を期待している。

 初日には、香港でスーパーを展開するCECインターナショナルと、タイのコメ商社サイアム・ダイヤモンド・エクスポート・ライスが1万トンの売買で契約を締結した。
《newsclip》

注目ニュース

タイ軍兵士がコメ収穫、農家支援でnewsclip

【タイ】タイ陸軍は1日、米価の低落に苦しむコメ農家を支援するため、農協から直接コメを買い付ける方針を明らかにした。また、農家のコスト削減のため、一部地域では兵士が収穫を手伝う。

サタケ、ミャンマーにコメ加工機器ショールームnewsclip

【ミャンマー】サタケ(広島県東広島市)は27日、ミャンマーの販売協力会社アディパティがヤンゴンにサタケの加工機器の展示販売用ショールームを開設したと発表した。

【タイ】タイ商務省によると、1月1日―6月20日のタイ産コメ輸出量は前年同期比11・4%増の471万トン、輸出額は7・8%増の15億4600万ドルだった。通年では950万トンを見込む。

【タイ】タイのテレビ報道によると、中部ナコンナーヨク市の市場で販売されていた白米の一部に白米に似せたプラスチック粒が混じっていたことが判明し、当局が流入ルートを捜査している。

【ベトナム】日立キャピタルは18日、大手農業生産法人の西部開発農産(岩手県北上市)と業務提携すると発表した。西部開発農産がベトナムで計画している高品質米の大規模生産を、設備投資や顧客の紹介による販...

特集



新着PR情報