RSS

王子ホールディングス、ミャンマーで軟包装と紙コップ製造

2016年11月15日(火) 23時54分(タイ時間)
【ミャンマー】王子ホールディングスのミャンマー子会社オウジ・ミャンマー・パッケージングは2017年3月から、ヤンゴン郊外のティラワ工業団地の工場で、食品・飲料・消費財メーカー向けに軟包装と紙コップを製造する。投資額約800万ドル。

 飲料・食品メーカーのミャンマー進出が続く一方、高級品や輸出向けの軟包装需要に対応できる現地企業が不足していることから、生産を決めた。

 オウジ・ミャンマー・パッケージングは段ボール箱の製造、紙パルプ、フィルム、その他包装資材の輸入加工を行う予定で、工場が稼働準備段階に入っている。将来的には子供用紙おむつの輸入加工、水処理設備の製造などにも乗り出す計画だ。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】王子ホールディングスは26日、マレーシアの段ボールメーカー、ダズン・ペーパー・インダストリアル・カンパニーを買収すると発表した。

【マレーシア】王子ホールディングスは25日、ラベル印刷製品や紙器、パンフレットなどの印刷・加工製品を製造販売するマレーシア企業ハイパーリージョンラベルズとその関連会社の株式60%を取得すると発表し...

【ミャンマー】王子グループは段ボール箱の製造販売と紙パルプ、フィルム、その他包装資材の輸入加工販売を手がける100%出資子会社を2月をめどにミャンマーに設立する。

【ミャンマー】王子グループの王子木材緑化と住友林業はミャンマー南部のモン州モーラミャイン地域に合弁会社を設立し、ゴム植林木を主原料に、カウンターやイスなど家具の材料となる木質ラミナ(集成材原料)製...

特集



新着PR情報