RSS

タイ文字で「9」 国王しのび灯ろう流し

2016年11月15日(火) 23時55分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
【タイ】タイ陰暦12月の満月の夜に灯ろうを川などに流して1年の罪を流す伝統行事「ロイクラトン」(灯ろう流し)が14日夜、タイ各地で行われた。10月にプミポン国王(ラマ9世)が死去したばかりのため、派手な演出はなく、静かな灯ろう流しとなった。

 アサウィン・バンコク都知事夫妻、都職員らは都内の運河で、「1つの流れ、2つの文化・タイと中国」と銘打った灯ろう流しのイベントを行い、タイ文字の「9」を描いた巨大な灯ろうを川面に浮かべ、国王をしのんだ。

 バンコク都庁によると、15日午前4時までに都内で回収した灯ろうは66万1935個で、前年より約2割減少した。灯ろうの94%は木などの天然素材製で、残りが発泡スチロール製だった。
《newsclip》

特集



新着PR情報