RSS

B787初号機実機展示を中心とした商業施設---中部国際空港に新設へ

2016年11月16日(水) 11時18分(タイ時間)
フライト・オブ・ドリームズのイメージの画像
フライト・オブ・ドリームズのイメージ
フライト・オブ・ドリームズのイメージの画像
フライト・オブ・ドリームズのイメージ
フライト・オブ・ドリームズのイメージの画像
フライト・オブ・ドリームズのイメージ
フライト・オブ・ドリームズのイメージの画像
フライト・オブ・ドリームズのイメージ
フライト・オブ・ドリームズのイメージの画像
フライト・オブ・ドリームズのイメージ
2015年7月、787初号機寄贈式典の画像
2015年7月、787初号機寄贈式典
中部国際空港は、ボーイング「787」初号機の実機展示を中心とした複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」を、南側立体駐車場近接地に新設すると発表した。

施設の1階は展示エリアとし、チームラボの全般的なプロデュースにより、「見る」「読む」に加え、「動く」「触る」「聞く」というインタラクティブな体験ができるコンテンツを配置する。航空に対する興味・関心・憧れを喚起し、楽しく学べる空間づくりや演出を検討する。

建築面積は約5000平方メートル、延床面積が約1万平方メートル。

ボーイング787の機体の35%は中部地域で製造されており、大型貨物機のドリームリフターでボーイングの米国内最終組立工場に輸送されている。その初号機である機体番号ZA001は昨年6月、最後のフライトで中部地域に里帰りし、ボーイングから中部国際空港に寄贈された。

施設は今後整備される新ターミナルビルや、大規模展示場との連携強化によるアクセス、回遊性、機能分担などの検討を進め、2018年夏頃にオープンする予定。
《レスポンス編集部@レスポンス》


新着PR情報