RSS

タイ航空、7―9月期赤字16億バーツ

2016年11月16日(水) 22時34分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空は7―9月期の最終赤字が15・9億バーツで、前年同期の98・9億バーツの赤字から赤字幅が縮小した。

 営業赤字が8・4億バーツ、減損損失が6・2億バーツだった。売上高は0・5%減の441・3億バーツ。

 旅客数は7・6%増の550万人、搭乗率は73・5%(前年同期74・4%)。

 1―9月の最終損益は15億バーツの黒字。

 タイ航空は2013年に120・5億バーツ、2014年に156・1億バーツ、2015年に130・5億バーツの最終赤字を出し、不採算路線からの撤退、運航機数の削減といった経営再建策を進めている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国際航空は18日、韓国の大手電機メーカー、サムスン電子製の新型スマートフォン、ギャラクシーノート7の手荷物としての預け入れ、機内への持ち込みを全面的に禁止すると発表した。

【タイ】10日、タイ国際航空TG473便バンコク発ブリスベン行きのボーイング787―8型機がエンジンの不具合でインドネシア・バリ島のングラ・ライ空港に緊急着陸した。乗客255人と乗員にけがはなかった。

【タイ】タイ国際航空は10月1日から、バンコクとテヘランを結ぶ直行便を週4(火木土日)往復運航する。使用機材はB777―200型機(ビジネスクラス30席、エコノミークラス279席)。

タイ航空の新型機、プーケット空港で滑走路からはみ出すnewsclip

【タイ】21日午後7時半ごろ、バンコク発プーケット行きのタイ国際航空TG221便A350XWB型機がプーケット空港に着陸した際にタイヤが滑走路からはみ出す事故があった。乗客138人、乗員14人にけ...

世界の航空会社ランキング タイ航空13位、バンコクエア20位newsclip

【アジア】航空業界専門の英調査会社スカイトラックスが乗客の満足度調査からまとめた2016年の航空会社ランキングで、エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)が1位になった。

特集