RSS

日本政府、タイ北部で廃棄物処理施設整備

2016年11月17日(木) 15時09分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、在タイ日本大使館
 の画像
 
写真提供、在タイ日本大使館
【タイ】日本政府はタイ北部ターク県ターソンヤン郡で廃棄物処理施設を無償で整備し、17日、現地で引き渡し式典が行われた。支援額は314・7万バーツ。

 ターソンヤン郡はミャンマー国境の山間部に位置し、タイ国内最大のミャンマー難民キャンプがある。生活習慣の変化や人口増にともない、廃棄物の増加、多様化が進み、衛生面などの問題が拡大している。

 日本政府はこうした状況を受け、日本発の環境配慮型技術である「準好気性埋立構造(通称、福岡方式)の処分場」と公共ゴミ箱270個を現地に設置した。
《newsclip》

注目ニュース

手りゅう弾192個押収 ミャンマー国境のタイ北部タークnewsclip

【タイ】タイ警察は9月30日、ミャンマー国境のタイ北部ターク県メーソード郡の民家を捜索し、ミャンマー人の男5人を逮捕、手りゅう弾192個、グレネードランチャー1丁、拳銃1丁などを押収した。

【タイ】8日、タイ北部ターク県の村2カ所で爆発が起き、5人が死亡、2人がけがをした。隣接するスコータイ県の陸軍演習場から村人が回収した不発弾が爆発したとみられている。

大型トラックが電線引っかけ電柱倒れる 車7台破損 タイ北部タークnewsclip

【タイ】23日、タイ北部ターク県メーソートで、走行中の大型トラックが電線をひっかけ、引っ張られて電柱4本が倒れた。この事故で、倒れた電柱が当たり、自動車7台が破損した。

特集



新着PR情報