RSS

タイ航空、12月からバンコク―モスクワ直行便

2016年11月17日(木) 23時32分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空は12月15日から、バンコク―モスクワ直行便を週4往復運航する。使用機材はボーイング777―200ER型機。

 また、11月17日から、バンコク―プーケット―フランクフルト便の運航を開始した。週3往復で、使用機材はボーイング777―300ER型機。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国際航空は7―9月期の最終赤字が15・9億バーツで、前年同期の98・9億バーツの赤字から赤字幅が縮小した。

【タイ】10日、タイ国際航空TG473便バンコク発ブリスベン行きのボーイング787―8型機がエンジンの不具合でインドネシア・バリ島のングラ・ライ空港に緊急着陸した。乗客255人と乗員にけがはなかった。

【タイ】タイ国際航空は10月1日から、バンコクとテヘランを結ぶ直行便を週4(火木土日)往復運航する。使用機材はB777―200型機(ビジネスクラス30席、エコノミークラス279席)。

タイ航空の新型機、プーケット空港で滑走路からはみ出すnewsclip

【タイ】21日午後7時半ごろ、バンコク発プーケット行きのタイ国際航空TG221便A350XWB型機がプーケット空港に着陸した際にタイヤが滑走路からはみ出す事故があった。乗客138人、乗員14人にけ...

特集



新着PR情報