RSS

トヨタ、中国の研究開発センターを拡張…エコカー現地開発を強化

2016年11月20日(日) 23時30分(タイ時間)
トヨタ レビンハイブリッドの画像
トヨタ レビンハイブリッド
《資料画像》
トヨタ カローラハイブリッドの画像
トヨタ カローラハイブリッド
《資料画像》
トヨタ自動車は11月18日、中国の研究開発拠点であるTMEC(トヨタ自動車研究開発センター)にて、設立時の投資計画に基づいた既存実験棟の増強、新実験棟の建設、電池評価試験棟の新設およびテストコースの増強を実施すると発表した。完成は2018年末以降の予定。

TMECは、2010年に「中国のためのクルマづくり」に向け、開発体制の現地化と強化を目的に設立。以来、中国産ハイブリッドユニット搭載車の中国市場への普及を目指し、取り組みを推進してきた。2012年にトランスアクスル製造の「トヨタ自動車(常熟)部品」、2013年に電池製造の「新中源トヨタエナジーシステム」、主要ハイブリッドユニットの現地生産会社を設立。2015年10月、中国産ハイブリッドユニット搭載の『カローラハイブリッド』『レビンハイブリッド』の販売を開始した。

トヨタは、従来より、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車と、それぞれの特徴を活かしながら、全方位でエコカーの開発を進めている。中国においても、中国政府の「省エネ・新エネ車発展企画」のもと、環境に優しいクルマを導入していく計画で、現在取り組みを進めているハイブリッド車の普及に加え、『カローラ』『レビン』のプラグインハイブリッド車の導入を予定している。また、燃料電池車の中国での実証実験開始に向けた準備を推進するほか、中国市場への電気自動車導入についても検討していく。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》


新着PR情報