RSS

日立、ベトナムに昇降機販社

2016年11月20日(日) 23時30分(タイ時間)
【ベトナム】日立製作所は17日、昇降機の販売、サービスを手がける全額出資子会社をベトナムに設立したと発表した。

 新会社は「日立エレベーターベトナム」(資本金約3億円)。エレベーター、エスカレーター、動く歩道の販売、保全を行う。

ベトナムは都市人口の急増で、都市鉄道、ホテル、オフィスビル、住宅などの需要が増加している。これにともない、昇降機の需要も年率7%を超える伸びが期待される。

日立は2015年、ベトナム初の都市鉄道となるホーチミン都市鉄道1号線の高架式駅舎向けにエレベーター32台、エスカレーター31台を受注した。2016年9月から順次販売を開始したアジア中東地域向けの新型機械室レスエレベーターの拡販で、ベトナム市場でのシェア拡大を図る。
《newsclip》

注目ニュース

バンコク首都圏鉄道新路線 三菱電機製エレベーター、エスカレーター採用newsclip

【タイ】三菱電機は9日、6日に開業したバンコク首都圏の都市鉄道新路線「パープルライン」にエレベーター49台とエスカレーター125台を納入したと発表した。

【ベトナム】日立製作所は3日、ベトナム初の都市鉄道であるホーチミン都市鉄道1号線(全長19・7キロ、14駅)の高架式駅舎向けに、エレベーター32台、エスカレーター31台を受注したと発表した。

三菱電機、タイにエレベーター新工場と試験棟newsclip

【タイ】三菱電機はエレベーターの製造拠点であるタイ子会社、三菱エレベーターアジアにエレベーター機器の新工場と高さ59メートル(14階建て相当)の試験塔を建設し、それぞれ2016年5月、同12月に稼...

【ミャンマー】三菱商事は三菱電機製昇降機の販売会社をミャンマーに設立し、今年夏ごろ営業を開始する方針だ。新会社は「MCエレベーター(ミャンマー)」で、三菱商事が60%、ミャンマーの大手民間企業サー...



新着PR情報