RSS

世界テロ指数 12位フィリピン、15位タイ

2016年11月20日(日) 23時30分(タイ時間)
【アジア】オーストラリアのシンクタンク、経済平和研究所がテロ事件の発生回数、死者数などから作成した2016年版の「世界テロ指数」で、タイは163国・地域中15番目にテロ被害が多いとされた。

 被害が最大だったのはイラク。2―10位は順に、アフガニスタン、ナイジェリア、パキスタン、シリア、イエメン、ソマリア、インド、エジプト、リビア。

 アジア諸国・地域は12位フィリピン、22位バングラデシュ、23位中国。

 2015年にテロで死亡した人は前年比10%減の2万9376人だった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、10日夜、タイ深南部ナラティワート県で、自宅前のイスに座っていた仏教徒のタイ人男性(32)と息子(3)がバイクに2人乗りした男からM16自動小銃で撃たれ、息子が重...

【タイ】タイ国営空港運営会社エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は11日、警察からの指示を受け、バンコク郊外のスワンナプーム空港、ドンムアン空港など主要6空港でテロ対策を強化すると発表した。巡回...

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は11日朝、武装警官約100人を動員し、バンコク都内のフアマーク地区とラムカムヘン地区の9カ所を捜索し、麻薬取締法違反などの容疑で10人を逮捕した。

【タイ】タイ警察のシーワラー副長官は10日、タイ深南部のマレー系イスラム武装勢力が10月下旬にバンコク首都圏で自動車を使った爆弾テロを計画しているという情報をつかみ、ショッピングセンター、駐車場、...

タイ国鉄、深南部3県で運行再開 爆弾テロで運休newsclip

【タイ】タイ国鉄(SRT)は12日、3日の爆弾テロを受け運休していた深南部3県(パタニー、ヤラー、ナラティワート)での列車の運行を再開した。

特集



新着PR情報