RSS

タイ、12―2月の観光ビザ申請無料に

2016年11月23日(水) 18時12分(タイ時間)
【タイ】タイ軍事政権は22日の閣議で、12月1日から2017年2月28日までの3カ月間、観光ビザの申請料(1000バーツ)を免除し、到着時ビザの申請料を2000バーツから1000バーツに引き下げることを承認した。乾期の観光シーズンでの旅行者誘致が狙い。

 到着時ビザの申請ができるのは中国、インド、アンドラ、ブルガリア、ブータン、キプロス、エチオピア、インド、カザフスタン、ラトビア、リトアニア、モルディブ、マルタ、モーリシャス、ルーマニア、サンマリノ、サウジアラビア、台湾、ウクライナの19カ国・地域で、値下げは1回限定。

 タイは乾期の11―2月ごろが観光の書き入れ時だが、今年は中国人向け「ゼロドルツアー」の取り締まり、10月のプミポン国王死去にともなう自粛ムードなどで、客足が鈍ることが懸念されている。

 「ゼロドルツアー」はタイでの宿泊費、食費、ツアー費などが全て無料とうたった中国人向けツアー。ツアー参加者がタイ滞在中に宝石店、皮革製品店、絹製品店などに連れて行かれ、高値で商品を買わされるなどトラブルが多く、軍政が取り締まりを進めている。取り締まりの影響で、一部の観光地で中国人旅行者が激減したという報道がある。
《newsclip》

注目ニュース

【台湾、タイ】台湾政府は8月1日から、タイ人とブルネイ人にビザ(査証)なしで30日間の滞在を認める。1年間の試験的な措置。

特集