RSS

シンガポール航空、ジャカルタ線を減便へ…滑走路整備工事のため

2016年11月24日(木) 00時41分(タイ時間)
シンガポール航空のエアバスA350-900の画像
シンガポール航空のエアバスA350-900
Photo credit: Airbus
シンガポール航空のボーイング777-200の画像
シンガポール航空のボーイング777-200
シンガポール航空は11月21日、インドネシア民間航空当局の指示を受け、12月1日からシンガポール=ジャカルタ線を週5往復減便すると発表した。

シンガポール航空は2013年7月からジャカルタ線を週63往復(1日9往復)運航。週5往復の減便はスカルノ・ハッタ国際空港で滑走路の整備工事が実施されるため。

減便の対象は月・火・水・木・土運航のシンガポール発の962便とジャカルタ発の963便。12月1日からの便数は週58往復(金・日は1日9往復、月・火・水・木・土は1日8往復)となる。
《日下部みずき@レスポンス》


新着PR情報