RSS

タイ東部トラート経済特区、不動産大手が観光開発

2016年11月24日(木) 22時20分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ財務省財務局
 の画像
 
写真提供、タイ財務省財務局
【タイ】タイ軍事政権がカンボジアと国境を接するタイ東部トラート県に設置する経済特別区の開発業者入札で、タイの大手不動産ディベロッパー、プロパティー・パーフェクト(PF)が落札し、23日、タイ財務省と土地の賃借契約を結んだ。

 PFはトラート経済特区にホテル、遊園地、ショッピングセンター、展示場、博物館、マングローブ保護センター、病院などを建設し、観光を目玉に開発する計画。プロジェクト名は「ゴールデン・ゲートウェイ」、投資額30億バーツを見込む。

 タイ軍政はトラートのほか、ミャンマー国境の北部ターク、ラオス国境の東北部ムクダハン、ノンカイ、カンボジア国境のサケーオ、南部ソンクラーに経済特区を設ける計画。特区に進出する企業には税制面などの恩典を与える。
《newsclip》

注目ニュース

タイ社所有の北海道「キロロリゾート」、米スターウッドがホテル運営newsclip

【タイ】タイの不動産会社プロパティー・パーフェクト(PF)は4日、同社が所有する札幌近郊のリゾート施設「キロロリゾート」(北海道余市郡赤井川村)内のホテル2軒の運営を米ホテル大手スターウッド・ホテ...