RSS

住友商事、ベトナムに農薬販売会社

2016年11月27日(日) 23時23分(タイ時間)
【ベトナム】住友商事は25日、農薬販売を手がける合弁会社をベトナムに設立したと発表した。新会社は「サミット・アグロ・ベトナム」で、住友商事グループが87%、日本曹達が13%出資。従業員20人。5年後で年商2000万ドルを目指す。

 ベトナムの農薬市場は約8億ドルで、需要の70%を水稲向けが占める。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイの非政府組織(NGO)、タイランド・ペスティサイド・アラート・ネットワーク(タイPAN)は6日、市販されている野菜、果物の抜き取り調査で、サンプル158点の56%から基準値を上回る残留...

【ミャンマー】双日は31日、タイ子会社で高度化成肥料の製造販売を手がけるタイ・セントラル・ケミカル(TCCC)がミャンマーに輸入販売子会社を設立したと発表した。

【ミャンマー】三井物産はミャンマーで肥料の製造販売に乗り出す。

【ミャンマー】丸紅はミャンマーのティラワ工業団地内に肥料加工・小分け工場を建設し、2017年4月に操業を開始する。

【マレーシア】住友商事は12日、マレーシアの肥料メーカー、ユニオン・ハーベストの株式を60%まで買い増し、経営権を取得したと発表した。

特集



新着PR情報