RSS

コマツ、タイに代理店向け訓練施設 25億円投資

2016年11月27日(日) 23時23分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、コマツ
【タイ】コマツは25日、建設機械の整備、修理、運転などの訓練を行う施設をタイ東部チャチュンサオ県に開設し、11月から訓練を開始したと発表した。建設機械、フォークリフトの代理店に必要な、営業、部品、サービス、機械操作・運転などのさまざまな訓練を行う。

 施設の名称は「アジアトレーニング&デモンストレーションセンタ」。敷地面積約7・7万平方メートルで、実機整備・修理技術の訓練エリア、デモンストレーションおよび運転操作訓練エリア、実機、教室、多目的ホール、観覧室、ラウンジなどを備える。投資額25億円。年間利用者2000人以上を見込む。
《newsclip》

注目ニュース

コマツは、インドネシアの建設機械製造拠点であるコマツインドネシア(KI)敷地内にアジア開発センター(ADC)を設立した。

コマツ、ラオスで不発弾除去支援newsclip

【ラオス】コマツは非政府組織(NGO)「日本地雷処理を支援する会(JMAS)」との対人地雷除去に関する提携の範囲を拡大し、2008年から取り組んでいるカンボジアとアンゴラでのプロジェクトに続き、8...

コマツ、ミャンマーで建設鉱山機械の部品再生販売newsclip

【ミャンマー】コマツは4日、ミャンマーの主要都市であるマンダレーに、建設鉱山機械の部品の再生販売、発電機の製造販売を行う完全子会社「コマツマニュファクチャリングミャンマー」(資本金550万ドル)を...

【ミャンマー】丸紅は25日、ミャンマーに現地企業と合弁で建設機械レンタル会社を設立すると発表した。経済成長にともなう建設ラッシュで需要が高いと判断した。

【タイ、ベトナム】建設機械レンタルのカナモト(札幌市)は4日、タイとベトナムに現地法人を設立したと発表した。

【タイ】日立建機は2日、タイで同社グループ製品の販売金融サービスを手がける子会社、日立建機リーシング(タイランド)の株式70%を東京センチュリーリース(東京都千代田区)グループに売却し、タイでの建...



新着PR情報