RSS

三井金属、キャリア付極薄電解銅箔の生産能力増強 マレーシアなどで

2016年11月29日(火) 02時52分(タイ時間)
キャリア付極薄電解銅箔「MicroThin」の画像
キャリア付極薄電解銅箔「MicroThin」
写真提供、三井金属鉱業
【マレーシア】三井金属鉱業は28日、キャリア付極薄電解銅箔の生産能力をこれまでの月200万平方メートルから270万平方メートルに増強すると発表した。

 スマートフォン向けロジック半導体であるアプリケーションプロセッサ、メモリ、モジュールなどのパッケージ基板用に使用されるなど、需要が伸びているため。

 現在の生産量は月平均で約100万平方メートルで、2017年の新規追加需要には対応可能だが、2018年以降も継続して需要拡大が見込まれることから、月産能力を埼玉県上尾事業所で10万平方メートル増の150万平方メートル、マレーシア工場で倍増の120万平方メートルに増強する。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】三井金属鉱業は自動車触媒を製造販売する100%出資子会社「Mitsui Kinzoku Catalysts Vietnam」(資本金1000万ドル)をベトナムに設立する。2017年に予定されている排ガス規制強化で触媒...

【マレーシア】三井金属鉱業は8日、キャリア付極薄電解銅箔の製造ラインをマレーシア子会社のミツイ・カパー・フォイル(マレーシア)に設置すると発表した。日本の拠点が稼動できない場合のバックアップ用で、...



新着PR情報