RSS

NTTデータの信号制御、中国で渋滞緩和を確認…実証実験

2016年11月30日(水) 11時32分(タイ時間)
貴陽市観山湖区内実験対象エリアと渋滞状況の画像
貴陽市観山湖区内実験対象エリアと渋滞状況
《画像 NTTデータ》
交通管理カメラと交通シミュレーションの連携に基づく信号制御の画像
交通管理カメラと交通シミュレーションの連携に基づく信号制御
《画像 NTTデータ》
実証対象の交差点と実験結果の画像
実証対象の交差点と実験結果
《画像 NTTデータ》
NTTデータは、中国・貴陽市で中国科学院ソフトウエア研究所(ISCAS)と実施した、交通渋滞緩和の実証実験の効果を確認したと発表した。

実証実験は2016年3月に続いて、9月19日から9月30日まで実験対象エリアと適用時間帯を拡大して実施した。実験では、前回実証実験時よりも実験エリア、時間を拡大し、事前に確認した交通量状況とその分析に基づいて信号制御パラメーターの最適化を行った。

貴陽市の新市街区である観山湖区19交差点の信号機約220機で、分析・シミュレーション結果に基づくパラメーターを、時間帯ごとに反映して交通を制御、渋滞緩和と、交差点における交通処理量改善効果を検証した結果、対象エリアにおける渋滞が平均で7%、最大で26%改善され、交通処理能力も平均6.7%改善したとしている。

NTTデータでは今回の実証実験の成果を受け、貴陽市、ISCASとともに、貴陽市の交通管制システムと接続統合し、2017年度をめどにリアルタイムでの信号制御自動化機能を持つ渋滞緩和ソリューションの実用化を目指す。

また、日本国内をはじめ、世界各国で導入が進められているスマートシティ関連プロジェクトに展開し、2020年度末までに国内外で100億円の売り上げを目指す。
《レスポンス編集部@レスポンス》


新着PR情報