RSS

タイの新聞業界苦境 「バーンムアン」廃刊に

2016年12月2日(金) 00時01分(タイ時間)
【タイ】タイの新聞「バーンムアン」が12月31日で廃刊することが明らかになった。発行元のナワキットバーンムアンによると、新しいメディアの台頭で事業継続が困難になった。

 「バーンムアン」は1972年創刊。今年4月に死去したバンハーン・シラパアーチャー元首相の影響下にあったことで知られる。

 タイの新聞業界は購読者数と広告の減少に見舞われ苦境に陥っている。タイ字紙「カオソッド」、「マティチョン」などを発行するマティチョンは2013年に16・1億バーツあった売り上げが2015年には10・8億バーツに減少し、1億バーツの赤字に転落した。

 英字紙「ネーション」発行元のネーション・マルチメディア・グループ(NMG)は今年1―9月期、広告収入が前年同期比32%減少し、売上高が27%減の16・9億バーツ、最終赤字6・2億バーツを計上した。

 英字紙「バンコクポスト」発行元のポストパブリッシングは2014年1・7億バーツ、2015年2・5億バーツ、今年1―9月期1・5億バーツの赤字を出した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ証券取引委員会(SEC)は6日、新聞、テレビなどの事業を手がけるタイのメディア大手ネーション・マルチメディア・グループ(NMG)の現・元取締役8人がタイ証券取引所(SET)上場企業の取...

【タイ】タイの有料テレビ大手CTHは8月末で放送を停止する。自社ホームページを通じ、明らかにした。「経済情勢により、サービスの停止を余儀なくされた」としている。

【アジア】国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」がまとめた2016年の報道の自由度ランキングで、タイは対象の180カ国・地域中136位(2015年134位)だった。

【タイ】4日、バンコクのジャルーンクルン通りで、テレビキャスター・俳優のタイ人男性アカラナットさん(28)が、自分の車に傷をつけたとして、区役所職員のタイ人男性キティサックさん(25)の顔を殴り、...

一審有罪のタイ人気キャスター、全番組降板newsclip

【タイ】贈賄などで一審で実刑判決を受けたタイの人気キャスター、ソラユット・スタサナジンダー氏が3日で全番組を降板した。判決後も、控訴し、番組出演を続ける姿勢を示していたが、当局や一部のスポンサーの...



新着PR情報