RSS

マレーシアで濃い味新製品 缶コーヒー飲料「ワンダ」 

2016年12月7日(水) 23時44分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、アサヒグループホールディングス
【マレーシア】アサヒグループホールディングス傘下でマレーシアで飲料事業を展開するエチカビバレッジズは12月上旬から、現地のし好にあわせて開発した缶コーヒー飲料「ワンダ・エクストラプレッソ」の出荷を開始する。

 「ワンダ・エクストラプレッソ」はより濃い味わいを求める消費者をターゲットに、通常よりも多めのコーヒー豆を使用。店頭想定価格は2リンギット強(約55円)。

 マレーシアでの「ワンダ」ブランドの商品は「ワンダ・エクストラプレッソ」を加え5種類。2016年1―10月の販売数は新商品の投入や販促キャンペーンなどで前年比183%増と大きく伸びている。
《newsclip》

注目ニュース

タイのコーヒーチェーン、福島県に日本1号店newsclip

【日本】タイ国営石油会社PTTが展開するコーヒーショップ「カフェアマゾン」の日本1号店が13日、福島県双葉郡川内村に出店した。

【タイ】コーヒーショップ「ドイチャン・コーヒー」を展開するドイチャン・コーヒー・オリジナルは、タイ国内外でフランチャイズ(FC)によって支店を増設する。2020年までに国内600店、海外300店の...

【タイ】23日夜、バンコク郊外のサムットサコン市のコーヒー工場で火事があり、敷地面積約3000平方メートルの建物1棟がほぼ全焼した。死者、けが人はなかった。

【アジア】オンラインホテル予約サイト大手ホテルズドットコムが世界28都市の3―5つ星ホテルの食事代を比較した「クラブサンドイッチ指数」で、食事代が最も高いとされたのはスイスのジュネーブだった。東京は...

【タイ】喫茶店チェーン「ボンカフェ」のバンコク都内の店舗で、長居した客が「オープンフード」という名目で2000バーツを請求された件で、タイ消費者保護委員会は17日、追加料金の請求は卓上サインで表示...

特集