RSS

タイ北部ミャンマー国境で銃撃戦、麻薬容疑者7人死亡 

2016年12月8日(木) 16時46分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、8日早朝、タイ北部チェンマイ県のミャンマー国境で、タイ軍のパトロール隊と麻薬密輸業者とみられる武装グループが銃撃戦になり、武装グループ側の7人が死亡した。タイ軍兵士にけがはなかった。

 現場では覚醒剤約55万錠、ヘロイン約15キロ、自動小銃などがみつかった。武装グループはミャンマーからタイに麻薬を密輸するところだったとみられている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、3日未明、タイ北部チェンライ県のミャンマー国境近くの山中で、タイ軍のパトロール隊が麻薬密輸業者とみられる武装グループと銃撃戦になり、武装グループ側の男7人を射殺し...

タイ軍、ミャンマー国境で1人射殺 覚醒剤4400錠など押収newsclip

【タイ】10日、タイ北部チェンライ県メーファールアン郡のミャンマー国境近くの山中で、タイ軍のパトロール隊が武装した4、5人の男と銃撃戦になり、1人を射殺し、現場に残された覚醒剤4400錠、銃1丁、...

【タイ】19日未明、タイ北部チェンライ県のミャンマー国境近くの山中で、タイ軍のパトロール隊と麻薬密輸業者とみられる武装グループが銃撃戦になり、武装グループ側の4人が死亡した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、9日夜、タイ北部チェンマイ県メーアイ郡のミャンマー国境近くの山中で、タイ軍のパトロール隊が麻薬密輸業者とみられる8―10人の武装グループと銃撃を交わした。

特集