RSS

日本政府、ミャンマーに無償資金協力36億円 病院整備、食糧支援など

2016年12月8日(木) 17時31分(タイ時間)
【ミャンマー】日本政府は7日、ミャンマーに対する無償資金協力3件(供与限度額35億8100万円)を発表した。

 3件はミャンマー中部の総合病院整備(供与限度額22億8100万円)、西部ラカイン州での新造旅客船など供与(同10億円)、国連世界食糧計画(WFP)を通じた食糧支援(同3億円)。

 ミャンマーでは約300万人が深刻な食糧不足の状況にあり、5歳以下の約3人に1人が慢性的な栄養不良となっている。さらに、今年7月に各地で発生した洪水で、約18万人が食糧支援を必要としている。
《newsclip》

注目ニュース

通信教育のフォーサイトが支援、ラオス南部で校舎完成newsclip

【ラオス】通信教育のフォーサイト(東京都文京区)は4日、NPO法人アジア教育友好協会(AEFA)に支援金を寄付し、ラオス南部のサラワン県ラオガム郡ドンニャイ村に建設した高等学校の校舎が完成したと発...

パナソニック、ミャンマーの無電化村に太陽光独立電源パッケージnewsclip

【ミャンマー】パナソニックは23日、太陽光独立電源パッケージ「パワーサプライステーション」をミャンマー・マグウェイ管区のインマジャウン村に納入したと発表した。

【ミャンマー】住友商事は14日、ミャンマーのドーキンチー財団に移動図書館車両3台を寄贈したと発表した。



新着PR情報