RSS

中部国際空港、「飛騨の家具ラウンジ」をオープン

2016年12月9日(金) 13時05分(タイ時間)
ビジネスコーナーのイメージの画像
ビジネスコーナーのイメージ
飛騨の家具のイメージの画像
飛騨の家具のイメージ
中部国際空港セントレアは、空港利用者の利便性、快適性の向上を図るため、国際線出発制限エリアの搭乗待合スペースをリニューアルし、「飛騨の家具ラウンジ」を12月10日オープンする。

岐阜県高山市を中心とした中部地域の関係者から協力を得て飛騨の家具を設置した「飛騨の家具ラウンジ」を開設する。

中部地域の空の玄関であるセントレアで、地域の文化に触れてもらうとともに、搭乗客に上質な飛騨の家具を利用してもらい搭乗前に快適に過ごしてもらうのが目的。

「飛騨の家具ラウンジ」は旅客ターミナルビル3階国際線出発制限エリア20番ゲート付近で、チェア、ソファ、テービル40席程度を設置する予定。

また、ビジネスコーナーだったエリアを「緑」「ゆったり」をコンセプトとした寛ぎのスペースにリニューアルするほか、電源カウンターを増設する。
《レスポンス編集部@レスポンス》


新着PR情報