RSS

タイ年末の買い物、今年も1万5000バーツまで所得控除

2016年12月13日(火) 21時57分(タイ時間)
【タイ】タイ軍事政権は13日の閣議で、年末年始の国民への贈り物として、所得控除の特別枠を設定した。14―31日に買い物やサービス利用で支出した金額のうち1万5000バーツまでの所得控除を認める。

 低所得者の生活支援、消費喚起が目的。ただ、たばこ、酒類、燃料、自動車、バイク、ボートの購入代金、ホテル宿泊代などは対象外。

 年末のホテル宿泊代、パッケージツアー代金などの観光関連支出は、別枠で1万5000バーツまでの所得控除が認められる。

 年末の買い物やサービス利用で支出した金額の所得控除は昨年末に続いて2回目。昨年末も控除の限度額は1万5000バーツだった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ軍事政権は22日の閣議で、低所得者に対する給付金支給を決めた。

【タイ】タイ軍事政権は22日の閣議で、12月1日から2017年2月28日までの3カ月間、観光ビザの申請料(1000バーツ)を免除し、到着時ビザの申請料を2000バーツから1000バーツに引き下げる...

【タイ】タイ軍事政権は11月22日の閣議で、引退してタイに長期滞在する人向けに発行しているロングステイビザの滞在期間を現行の1年から最長10年に延長することを承認した。

【タイ】タイ軍事政権は8日の閣議で、60歳以上の雇用促進やリバースモゲージの導入といった高齢化社会への対応策を承認した。



新着PR情報