RSS

交通インフラ整備に9000億バーツ タイ閣議で承認

2016年12月14日(水) 13時53分(タイ時間)
アーコム運輸相(中央)の画像
アーコム運輸相(中央)
写真提供、タイ運輸省
【タイ】タイ軍事政権は13日の閣議で、2017年開始予定の交通インフラ整備事業36件を承認した。タイ国鉄線路の複線化、バンコク首都圏の都市鉄道建設、国道整備などで、総投資額8958億バーツを見込む。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ電車公社(MRTA)は6日、バンコク首都圏のモノレール2路線、ピンクラインとイエローラインの開発運営事業権の入札で、高架電車BTSを開発運営するBTSグループ・ホールディングスなど3社...

【タイ】タイ軍事政権は1日の閣議で、タイ国鉄(SRT)の3区間、総延長403キロの複線化を承認した。予算は550億バーツ。

三井住友建設、ホーチミンで都市鉄道建設起工式newsclip

【ベトナム】三井住友建設は24日、ベトナムの建設会社との共同企業体がホーチミン都市鉄道1号線建設工事の一部を受注し、17日に起工式を行ったと発表した。

【タイ】タイ軍事政権は9月6日の閣議で、バンコクのチャオプラヤ川西岸地区のモノレール開発計画を承認した。名称は「ゴールドライン」。全長2・7キロで、バンコク都庁が開発運営を担当する。

特集



新着PR情報